南伊豆町議会議員選挙 開票結果速報2019 立候補者と当選者・情勢予想

スポンサーリンク

こちらの記事では2019年7月28日投開票の静岡県南伊豆町議会議員選挙(南伊豆町議会選挙/南伊豆町議選)の開票速報と開票結果についてご紹介しています。

定数11に対して13名が立候補した2019年の南伊豆町議会選挙。

それでは南伊豆町議会議員選挙2019の立候補者名一覧や当選者・落選者・そして選挙情勢や当選予想についても網羅していきます。

スポンサーリンク

南伊豆町議会議員選挙2019の開票結果速報と当選者の最新出口調査情報は?

南伊豆町議会議員選挙2019の開票速報及び開票結果は自治体の選挙管理委員会やNHKなどの報道メディアからの出口調査・開票速報が発表され次第随時記事を更新していきます。

また開票は即日開票で、午後7時30分から町役場1階湯けむりホールにて行われます。

結果 得票数 氏名 党派 新旧 主な肩書き
当選 599 加畑 毅 無所属 南伊豆町議会議員
当選 469 稲葉 勝男 無所属 南伊豆町議会議員
当選 411 漆田 修 無所属 南伊豆町議会議員
当選 408 宮田 和彦 無所属 会社員
当選 407 斎藤 要 無所属 南伊豆町議会議員
当選 404 清水 清一 無所属 南伊豆町議会議員
当選 393 横嶋 隆二 共産 南伊豆町議会議員
当選 384 比野下 文男 無所属 南伊豆町議会議員
当選 371 黒田 利貴男 無所属 株式会社森守代表取締役
当選 358 長田 美喜彦 無所属 南伊豆町議会議員
当選 345 谷 正 無所属 南伊豆町議会議員
288 岩田 稔 無所属 自営業
272 渡辺 哲 無所属 南伊豆町議会議員
スポンサーリンク

南伊豆町議会議員選挙2019の立候補者から見る情勢

こちらでは南伊豆町議選に立候補した候補者情報から選挙戦の情勢を見ていきたいと思います。まず立候補者一覧です。

氏名 年齢 党派 新旧 主な肩書き
漆田 修 74 無所属 町議会議員
清水 清一 63 無所属 町議会議員
岩田 稔 57 無所属 自営業
斎藤 要 74 無所属 町議会議員
横嶋 隆二 62 共産 町議会議員
宮田 和彦 58 無所属 会社員
比野下 文男 72 無所属 町議会議員
渡辺 哲 71 無所属 町議会議員
加畑 毅 48 無所属 町議会議員
谷 正 70 無所属 町議会議員
長田 美喜彦 71 無所属 町議会議員
黒田 利貴男 54 無所属 株式会社森守代表取締役
稲葉 勝男 75 無所属 町議会議員

今回の南伊豆町議選は、定員11に対して立候補者は13名。前回の2015年の定数11からの変更はありません。立候補者は2015年は14名、2011年は13名の立候補者でした(2011年も定数11)。

 

次に立候補者を分析してみます。現職10新人2元職1人です。全体の平均年齢は65.30歳。高い印象を受けます。立候補者世代別人数を見てみます。

年代 人数
30代 0
40代 1
50代 3
60代 2
70代 7

70代の立候補者が半数を超え、60代と70代で立候補者の69%を占めています。最年少が48歳であり、若い世代の届け出がありませんでした。ちなみに党派別人数は以下の通りです。

党派 人数
共産党 1
無所属 12

2015年と同じく1人を除き無所属での立候補です。

 

南伊豆町の町議当選の傾向を把握するために、現職・新人・元職の当選率を2015年、2011年について算出してみました。

2015年 人数(人) 当選(人) 落選(人) 当選確率(%)
新人 3 3 0 100
現職 10 7 3 70
元職 1 1 0 100
2011年 人数(人) 当選(人) 落選(人) 当選確率(%)
新人 4 3 1 75
現職 9 8 1 89

2015年は新人が全員当選し、現職が3人議席を失いました。2011年は元職の届け出がなく、現職新人ともに1人ずつ落選する結果でした。落選者が少ない分、毎回激しい選挙戦になっています。

投票率は2015年が74.08%、2011年は75.69%と高い投票率でした。

前回の選挙では477票でトップ当選を果たした清水氏から349票で当選次点候補だった谷氏まで128票の中での争いでした。ちなみに11位当選の漆田氏と谷氏の票数はわずか4票でした。

今回も同様の激しい選挙戦が想定され、現町長の岡部氏が前回獲得した373票の行方が当落を分けるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

静岡県南伊豆町の特徴や抱える課題

南伊豆町は静岡県東部の伊豆半島の最南端に位置しています。総面積109.94k㎡を有しており、北東は下田市、北西は松崎町と接しています。町の全体面積の80%が山林と原野で占められており、農耕地は河川沿岸を中心とした10%です。

 

太平洋に面していることから、伊勢海老やあわび・さざえといった海産物が有名です。他にも下賀茂温泉付近では河畔の至る所から温泉が涌出し、高温かつ豊富な湯量を活用したハウスメロンの栽培が行われています。

 

1995年7月に南崎村、竹麻村、南中村、南上村、三坂村、三浜村の6村が合併して南伊豆町が誕生しました。半農半漁の海岸地区、温泉を中心とした下賀茂地区、山村地区から成り立っています。

 

最南端の岬、石廊崎には灯台と石廊崎オーシャンパークがあり、絶景を楽しむことができます。

交通機関は町内に鉄道路線は走っておらず、伊豆急行下田駅発着の南伊豆下田バスが運行しています。下田市から三島市を結ぶ国道136号線が主要道路として走っています。

 

海水浴場やキャンプ場も充実しており、夏場はレジャー客で賑わいを見せています。毎年2月から3月かけてみなみの桜と菜の花まつりが開催され、青野川両岸4.2kmに約800本の河津桜と広大な菜の花畑を楽しむことができます。

 

南伊豆町では人口の減少が加速しており、平成7年から27年までの20年で21%も人口が減少しました。若年層の人口流出の影響で老年人口比率は44%を記録しています。

 

今後も人口は大きく減少することが見込まれており、町を支える各産業で担い手の不足が懸念されます。多様な人材による新たな産業や担い手の創出、地域産業の活性化による雇用の創出に加えて若年層の定住を図ることが求められています。

 

また、観光面では地域の特性を活かした広域周遊や農林地や海・川の 地域資源、既存施設を有効活用した総合的な施策をどのように展開できるかが課題として挙げられ、陸路と空路が充実しつつある環境を生かして企業の進出や観光客の集客を改善することも必要となってきます。

 

半島特有の海産物と観光資源を持ち合わせている南伊豆町。町の特長を生かして人口減少の波に立ち向かうための1票を、皆さんの手で投じてみてはいかかでしょうか。

スポンサーリンク

南伊豆町町議会議員選挙(南伊豆町議会選挙)2019|選挙日程などの実施概要

南伊豆町議会議員選挙2019の選挙日程など、実施概要は以下の通りです。

投票日

  • 2019年7月28日

投票時間

  • 午前7時から午後6時まで

投票所

  • 投票所入場券記載の投票所(町内8箇所)

期日前投票の日程や時間・期日前投票場所

  • 2019年7月24日~7月27日まで
スポンサーリンク

同日執行の選挙

南伊豆町議会議員選挙2019と同日に執行される主な選挙戦は以下の通りです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました